電話でのご予約・ご相談は

03-3475-8536

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

インビザラインの装着時間が足りない時の治療効果への影響と対策

インビザラインの装着時間が足りない時の治療効果への影響と対策

インビザラインは透明なマウスピースを使用して歯を動かす矯正システムで、見た目の問題も少なく、かつ口腔内の清掃もしやすいのが特徴です。
しかし、その一方で長い装着時間が必要で、指定されている装着時間が足りないと、歯が計画通りに動かない可能性があります。
インビザラインにおいて、マウスピースの装着が必要な時間は約22時間と言われています。

インビザラインの装着時間が長いのはなぜ?

インビザラインは従来のワイヤー矯正と比べて、非常に緩徐な力で歯を動かしていきます。ゆえに装着時間が一定時間ないと、歯を正確に動かすことが難しくなります。

インビザラインの装着時間が短いとどうなるのか

インビザラインの装着時間が短いと、歯が計画通りに動かなくなります。結果として、矯正治療期間が長くなり、治療費用も増える可能性があります。
インビザライン矯正では、2週間に1回程度の頻度でマウスピースを交換していくため、歯が計画通りに動かないと新しいマウスピースが装着できなくなります。

装着時間も大切だが、しっかりと装着されていることはもっと大切!

インビザラインにおいて装着時間も大切ですが、しっかりと装着されていることはもっと大切です。いくら装着時間が守られていても、しっかりと装着されていなければ歯は動きません。
インビザラインには、アタッチメントと呼ばれる歯を動きやすくしたり、マウスピースを維持するためのプラスチックの突起が付与されています。このアタッチメントをマウスピースがしっかりと覆えていないと、正確に効率よく歯が動きません。
また、このアタッチメントは脱離することもあるため注意が必要です。脱離していると気づいた場合は、歯科医院にすぐに連絡を入れるようにしましょう。

インビザラインの装着時間が守れない事例

次のような場合は、マウスピースの装着ができず、装着時間を守れないことがあるので注意が必要です。

外食が多い方

外食が多いと食事の時間が長くなる可能性が高くなり、必要な装着時間が確保できなくなる可能性があります。外食が多い方は、事前に自分の平均食事時間を計測すると良いかもしれません。

仕事上の制約がある

調理場で仕事をする方や仕事柄味見をしなければならない等の仕事に従事する方は、頻繁にマウスピースを付け外ししなければならないため、装着時間が足りなくなる可能性があります。

自己管理が難しい方

自己管理が難しいと、一度外したマウスピースが装着されたまま放置されたり、マウスピース自体を紛失する場合があります。
自己管理があまりできていないと認識している方は、インビザラインは向かない可能性が高いです。

インビザラインの装着時間を守るための対策

インビザラインをスムーズに進めていくには、次のようなポイントをおさえておくとよいでしょう。

携帯のアプリで管理する

携帯のアプリの中では、時間管理をするアプリが多くあります。今では1人1台が当たり前のスマートフォンで管理ができれば、装着時間も守れる確率が高くなります。

規則正しい生活をする

朝起きる時間を一定にする、ご飯を食べる時間が決まっている、就寝の時間が一定であるなど、規則正しい生活をすることで、装着時間は一定になる確率は高くなります。

マウスピースを外した際は専用のケースに入れる

マウスピースは食事の際や歯磨きの際は外しますが、必ず専用のケースに入れることをおすすめします。
専用のケースに入れないと、紛失する可能性が高くなります。紛失すると、マウスピースを装着することすらできなくなってしまいます。

現在装着しているマウスピースのひとつ前、あるいはひとつ後のマウスピースを常に持ち歩く

マウスピースはプラスチック製で大変薄いため、紛失や破損しやすい構造となっています。
インビザラインでは治療に際して、何十枚ものマウスピースを作製し、2週間に一度程度で交換していきます。万が一の紛失や破損に備えて、ひとつ前のマウスピース、またはひとつ後のマウスピースを常に持っておくと、破損や紛失が起こった時に装着が可能であれば、装着時間を確保することができます。
ただし、必ず破損や紛失が起こった場合は、早めに歯科医院に相談するようにしましょう。

それでもインビザラインの装着時間を守れない場合は?

これらを実践してもインビザラインの装着時間が守れないのであれば、歯が計画通り動かないので矯正治療自体を諦めるか、他の矯正システムに移行する必要があります。具体的には、ワイヤー矯正などの固定式の矯正装置を使用した歯列矯正にするのが良いです。

ワイヤー矯正

従来のワイヤーを使用した矯正で、自身での矯正装置の取り外しが不可能なため、装置の着脱等関係なく歯が動きます。
しかし、ワイヤーが金属のため、治療中の見た目の問題が生じます。最近では症例によって、白いワイヤーや白い固定装置(ブラケット)を使用することも可能ですが、マウスピース矯正に比べると、治療中の見た目の問題は残ります。

舌側のワイヤー矯正(裏側矯正)

ワイヤーを歯の裏側に固定する矯正装置です。
見た目の問題は解消されますが、適応が限られるのと、治療費が通常のワイヤー矯正に比べて高額になります。

【まとめ】インビザラインの装着時間が足りない時の治療効果への影響と対策

インビザラインでは、22時間はマウスピースを装着しなければなりません。様々な工夫で、多くの場合は時間を守ることはできますが、どうしても無理な場合は他の矯正システムでの治療も考慮するべきです。
矯正治療は基本的には、自由診療の治療になります。費用も高額で治療も長期間になることが多いです。矯正治療を始める前に、矯正治療の遵守事項を患者様がしっかりと理解することが大切です。

運営医院情報

写真 写真
医院名 東京歯並び矯正歯科
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル
TEL 03-3475-8536
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-3475-8536

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。