電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

インプラント矯正

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは、歯科矯正用アンカースクリューと呼ばれる小さなチタン製のスクリュー(ネジ)を骨に埋入し、歯を移動させるための固定源とする治療方法です。

歯科矯正用アンカースクリューの埋入は、局所麻酔を行い、1本当たり10分程度の短時間で行う処置です。

通常、歯列矯正治療では大臼歯(奥歯)を固定源としますが、大臼歯が意図していない移動や傾斜を起こしてしまう場合があります。インプラント矯正では、固定源が安定するため、歯の移動が効果的に起こりやすく、治療期間の短縮が期待できます。

理想的な歯並びの完成後、歯面に装着したブラケットやワイヤーと同様に、小さな歯科矯正用アンカースクリューは除去されます。

インプラント矯正はこんな方におすすめ

  • 歯列矯正治療を短期間で完了したい
  • 咬み合わせた際に上下の前歯が開いてしまう(開咬症例)
  • 歯を抜かずに治療を行いたい
  • 八重歯が目立つ
  • ガミースマイルを改善したい

インプラント矯正の特徴

インプラント矯正とは、歯科用歯科矯正用アンカースクリューを併用したワイヤー矯正治療です。

歯科矯正用アンカースクリューの埋入

インプラント矯正では、直径1~2㎜の小さなネジを歯茎に埋入し、歯列移動に効果的な固定源を得る治療方法です。歯槽骨と歯科矯正用アンカースクリューが嵌合(はまり具合)することで、歯列移動に適した力を付与することができます。

大臼歯の移動が起こりにくい

従来のワイヤー矯正では、大臼歯(奥歯)を固定源として力を付与するため、相互作用により奥歯が意図せず移動してしまうことが起こりえます。
しかし、歯科矯正用アンカースクリューを固定源とすれば、大臼歯の移動を起こさずに歯列の移動を行うことが期待できます。

治療期間の短縮

大臼歯を起点とした従来のワイヤー矯正と異なりインプラント矯正では、大臼歯の意図していない移動が起こりにくいため、歯列の移動を制御しやすい利点があります。結果として、満足度の高い治療や、治療期間の短縮も可能です。

「歯科矯正用アンカースクリュー」

インプラント矯正で使用するネジは、厚生労働省医薬食品局、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)で審理され、「歯科矯正用アンカースクリュー」という一般名称のもと薬事承認されています。

前歯の圧下に効果的

ワイヤー矯正では歯軸の傾斜や移動はできますが、インプラント矯正を併用することで、歯を歯槽骨側に引っ張る“圧下”に適します。そのため、歯茎が目立つガミースマイルの治療方法の1つとして効果があります。

臼歯の圧下や移動に効果的

歯を咬み合わせた状態で、上下の歯列に空隙ができる状態を開咬と言います。開咬の治療には、大臼歯を圧下や遠心方向(のどの奥側)に移動することが必要です。

インプラント矯正では、歯列以外に固定源を得ることができるため、効果的に臼歯の圧下、移動ができます。

インプラント矯正のメリット

歯科矯正用アンカースクリューの埋入により、効果的に力を付与することができるインプラント矯正には様々なメリットがあります。

抜歯せずにスペースの確保が期待できる

歯列矯正では、歯を並べるスペースが足りない場合は抜歯が選択されます。
しかし、インプラント矯正の場合には、歯科矯正用アンカースクリューを起点に多方面から力を付与できるため、抜歯せずにスペースを確保することができる場合があります。

スピード矯正

ピンポイントに歯列に力を加えることができる歯科矯正用アンカースクリューは、歯の移動がスムーズに起こりやすく短期間で効果が期待できます。結果として、治療期間の短縮が望めるメリットがあります。

ガミースマイル治療に効果的

歯茎が目立つガミースマイルの中でも、原因が歯軸の傾きや歯の位置にある場合には、インプラント矯正が効果的です。
歯科矯正用アンカースクリューを起点に歯を圧下(歯槽骨の方向に引っ張る)することで、歯茎が目立つ症状が軽減します。

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正は効果的な治療方法ですが、適切な症例であることを正しく診断したうえで行うべき治療です。

違和感や口内炎

歯科矯正用アンカースクリューのネジ頭部は、直径が1~2㎜程の小さなネジですが、唇に当たると違和感や口内炎を起こすことがあります。
また症例によっては口蓋(上顎)に埋入するケースもあり、発音や嚥下の際に舌が触れて違和感を生じることがあります。

歯科矯正用アンカースクリューが不安定

画像検査結果より、適した位置に適切な深度で歯科矯正用アンカースクリューを埋入しますが、歯槽骨との嵌合が甘く、歯科矯正用アンカースクリューに動揺が起こることがあります。
動揺がある場合には、力を付与するための起点として機能しないため、再度埋入し直すことがあります。

歯根吸収

インプラント矯正は、効果的な治療法である反面、必要以上に強い力が歯にかかった場合には、歯根吸収が起こることがあります。
歯根吸収が起きた場合には、経過観察で済むことが一般的です。

金属アレルギー

歯科矯正用アンカースクリューには、生体親和性の高いチタンが採用されています。チタンは、金属アレルギーが起こりにくい材質ですが、極稀に患者様によってはチタンにアレルギーを起こす場合もあります。

インプラント矯正の流れ

インプラント矯正に使用する歯科矯正用アンカースクリューは、症例や治療効果によって歯列矯正治療の途中から採用する場合もあります。

01

画像検査

歯科矯正用アンカースクリューを適した位置や角度に埋入するため、歯科用CT撮影により顎骨の状態を確認します。
歯科矯正用アンカースクリューは支点として力がかかるため、抜け落ちることのないように埋入箇所を見極めることが重要です。

02

埋入

歯科矯正用アンカースクリューの埋入は、通常のう蝕治療や抜歯で使用する局所麻酔を行ってから実施します。
直径2㎜前後、長さが5~8㎜程度の小さなスクリューですので、実際の埋入にかかる時間は数秒です。押されるような違和感がありますが、局所麻酔を行っているため痛みはありません。

03

投薬

術後の痛みや細菌感染を予防するためにお薬を処方します。鎮痛薬と抗生剤をお渡ししますので、指示通りに服用していただきます。
痛みや腫れの発生は、個人差がありますが症状が出た場合でも、1週間程度で消退します。

04

埋入の状態確認

埋入後、歯科矯正用アンカースクリューが顎骨に適した位置や深さで固定されたかを確認するために再度画像検査を行うことがあります。
適した位置や深さで行わないと、力をかけることで歯科矯正用アンカースクリューが抜けてしまい、治療効果が現れないリスクがあるからです。

05

歯科矯正用アンカースクリューを使った力の付与

歯科矯正用アンカースクリューが無事に安定したら、歯列矯正に必要な力を付与するための固定源として利用していきます。
歯面に装着した歯列矯正用のブラケットやワイヤーと、歯科矯正用アンカースクリューをゴムやワイヤーで結び、持続的な力を付与することで歯の移動が起こりやすくなります。

メニュー名 本数・回数・内容 価格
アンカースクリュー 1本 55,000円

インプラント矯正はどこの歯科医院でも対応できますか?

インプラント矯正は、歯の移動に効果的な手法の1つですが、歯列矯正治療を行っている全ての歯科医院で行っている治療ではありません。
効果的に安全にインプラント矯正治療を行うためには、インプラント矯正治療の経験豊富な歯科医師に依頼することが大切です。

インプラント矯正後、歯科矯正用アンカースクリューを抜いた後は傷は残りますか?

除去は埋入時と同様に数分の処置時間で終了します。
歯科矯正用アンカースクリューを除去した歯肉は、おおよそ1週間程度、口内炎のような傷ができることがあります。徐々に歯肉が修復され、1か月後にはほとんど傷跡は目立たなくなります。

インプラント矯正のために埋入した歯科矯正用アンカースクリューが、治療中に抜けてしまうことはないのでしょうか?

埋入前の画像検査により、埋入に適した位置や深度を判断して実施します。しかし、歯科矯正用アンカースクリューと骨の嵌入が予定通りに起こらなかった場合には、歯科矯正用アンカースクリューの揺れや抜けが起こることがあります。
また、口腔衛生状態が不良の場合も、歯科矯正用アンカースクリュー周囲の歯肉と骨に炎症が起こるため、歯科矯正用アンカースクリューが抜けるリスクがあります。揺れや抜けが起きた場合には、お早めに医院までご連絡ください。

インプラント矯正で使用する素材は何ですか?

インプラント矯正で使用する歯科矯正用アンカースクリューは、生体親和性に優れた素材であるチタン製です。
チタンは、歯を喪失した際の選択肢であるインプラント治療の他、人工関節などに採用されています。

インプラント矯正は何歳からが適応でしょうか?

日本矯正歯科学会のガイドラインによると、成長期小児の歯科矯正用アンカースクリューに関するエビデンスは乏しく、脱落率が高いことが報告されています。
そのため、当院では永久歯列完成後の患者様を対象としております。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。