電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正は、現在も歯列矯正の主流です。歯の表面にブラケットと呼ばれるボタン状の装置を一時的に接着し、歯と歯をワイヤーで結紮することで、歯を移動していきます。
上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、八重歯、歯間離開(すきっ歯)など様々な症例に有効です。歯並びの一部を治す部分矯正から、歯列全体を治す全顎矯正まで対応することが可能な実績のある治療方法です。

ワイヤー矯正はこんな方におすすめ

  • 治療期間はかかっても、確実に歯並びを整えていきたい方
  • 重度の歯列不正であると診断された方
  • 多くの実績のある治療を受けたい方
  • 治療期間中の歯列矯正装置の装着を了承できる方

ワイヤー矯正の種類

ワイヤー矯正では、歯の表面、裏面のいずれか装置をつける面によって、見た目や治療期間、費用が異なります。

表側矯正

ワイヤー矯正 表側矯正

表側矯正

表側矯正とは、歯の表面に歯列矯正装置を装着する治療方法です。
ワイヤー矯正の大半が現在も表側矯正です。そのため、豊富な治療実績がありますが、歯の表側に装置が付いているため、見た目に歯列矯正中であることがわかりやすいです。

表側矯正の詳細はこちら

裏側矯正(舌側矯正)

ワイヤー矯正 裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)

歯の裏側を舌側(ぜっそく)と呼ぶため、裏側矯正は舌側矯正とも呼ばれています。歯の裏側に、ブラケットとワイヤーを装着し歯を移動していきます。
歯列矯正中であることが分かりにくいですが、表側矯正と比べると未だ実績が少ないと言えます。

裏側矯正(舌側矯正)の詳細はこちら

ワイヤー矯正のメリット

ワイヤー矯正は、治療実績のある効果的な治療方法です。治療の適応範囲も広く、様々な症例を治療することができます。

多くの治療実績

ワイヤー矯正は、1900年代から行われている実績のある治療方法です。 今後は、マウスピース矯正の増加も見込まれますが、現状の歯列矯正の主流はワイヤー矯正です。ワイヤー矯正は豊富な治療実績からエビデンスの取れた治療であるといえます。

治療効果

ワイヤー矯正では、歯に装置を固定することで、力が加わり歯を移動します。歯科医院に来院された調整時以外には、装置を取り外すことがないため、歯の移動が効果的に起こることが期待できます。

抜歯症例

抜歯が必要な症例の場合には、マウスピース矯正の種類によっては対応できないことがあります。ワイヤー矯正であれば、抜歯したスペースを活用して、きれいに歯を並べることが可能です。

対応症例の幅

ワイヤー矯正では、一部の歯並びを対象とする部分矯正から、歯列全体を対象とした全顎矯正まで治療することができます。対応する症例も、上顎前突(出っ歯)、叢生(ガタガタした歯並び)、下顎前突(受け口)など多岐にわたります。

難症例でも可能

歯列不正の中でも、骨格に原因がある場合には、手術により骨格的なアンバランスを補正してから歯列矯正を行うことがあります。その場合には、上下の顎のバランスを考慮し、ワイヤー矯正が選択されます。

ワイヤー矯正のデメリット

ワイヤー矯正といえば、目立つというデメリットはわかりやすいかと思いますが、他にもいくつかのデメリットがあります。

見た目

ワイヤー矯正の場合、特に表側矯正では、歯の表面に装置を取り付けるため、見た目にも矯正治療中であることがわかりやすいです。
ワイヤーの種類や、舌側矯正を選択することで目立たないようにすることが可能です。

痛み

ワイヤー矯正では、歯にブラケットと呼ばれるボタン状の装置を接着し、ブラケットとワイヤーを結紮することで、弱い力を加えて移動していく仕組みです。
調整当日、翌日をピークに痛みがある場合がありますが、徐々に消退していきます。

粘膜の負傷

ワイヤー矯正では、ワイヤーの先が粘膜に刺さらないように確認しますが、毎日の歯磨きやお食事により、ワイヤーの先が歯面から飛び出てしまうことがあります。その場合、粘膜に刺さり、小さな傷ができることがあります。

清掃の難しさ

ワイヤーは固定式のため、ご自分で取り外すことができません。特に小さなブラケットとワイヤーの隙間には、食べ物が詰まりやすいため、念入りなブラッシングが必要です。
清掃不良になると歯周病やう蝕(虫歯)のリスクが高まります。

食事制限

大半のものはこれまで通りに食べることができますが、キャラメルやガム、もち、といった粘着性の高い食べ物は、ワイヤーについてしまうことがあるためお勧めできません。無理に取り外そうとすると、装置の破損につながることがあります。

ワイヤー矯正の流れ

歯列矯正の治療では基本的に、カウンセリング→検査→矯正治療(動的治療)→保定という流れが一般的です。ワイヤー矯正の場合、装置の交換のため、月に1、2回ご来院いただいて、装置の調整や治療効果の確認、歯面清掃を行います。

01

カウンセリング

カウンセリング時に、患者様が気になっている歯並び、ご希望について伺います。大まかな治療計画や、費用についてご説明いたします。

02

精密検査

う蝕(虫歯)や歯周病の状態を確認し、必要があれば適宜治療を行います。印象採得(歯型取り)、レントゲン撮影、口腔内写真など資料採取を行います。

03

動的治療開始

歯面にブラケットを接着し、ワイヤーと結紮することで弱い力をかけていきます。装置は、ご自分では取り外しができませんので、不具合がご相談ください。

04

調整

月に1~2回程度ご来院していただき、治療効果の確認、装置の交換を行います。装置交換に合わせて歯面清掃を行い、口腔衛生の維持に努めます。

05

治療完了・保定

治療が完了し、歯並びが理想的な状態になったら、後戻りを防止する保定期間へと移行します。保定期間中も定期的な通院や、保定装置の装着が必要です。

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
表側矯正(メタルブラケット・メタルワイヤー) 上顎または下顎のみ 440,000円
上下顎 880,000円
処置料(毎回) 無料
裏側矯正(リンガルブラケット) ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 1,320,000円
上下顎 1,540,000円
処置料(毎回) 無料
リンガル(裏側)部分矯正 片顎前歯6本 660,000円
ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 1,100,000円
表側部分矯正 上下顎 前歯6本 メタルブラケット 660,000円
精密検査、診断料 55,000円
プラークコントロール料 5,500円
リテーナー(保定装置) 片顎 55,000円

表側矯正オプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
ホワイトワイヤー 上のみ 55,000円
ホワイトワイヤー 上下 110,000円
セラミックブラケット 上のみ 110,000円
セラミックブラケット 上下 220,000円

ワイヤー矯正オプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
アンカースクリュー 1本 55,000円
矯正補助装置 片顎1個 11,000円
MFT(口腔周囲筋筋機能訓練) 1回 5,500円

ワイヤー矯正は痛いと聞きました。どのような痛みですか?

ワイヤー矯正では、歯を移動するために継続して弱い力を負荷している状態です。そのため、装置の交換直後~2日目くらいまでは、咬みあわせると痛い、歯が浮いたような感じといった印象を受ける患者様がいらっしゃいます。2日目以降には、徐々に消退していくのでご安心ください。

ワイヤー矯正は虫歯になりやすいと聞きました。

確かに、ワイヤー矯正は装置の取り外しができないため、磨き残しが起こりやすくなります。
装置の交換時には、PMTCといって専用の機器による歯面清掃を行っています。また、通常の歯ブラシの他に、タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルリンスといったオーラルケアグッズの併用により清掃効率を上げることが可能です。
歯並びがきれいになることは、将来的な歯周病や虫歯のリスクを減少させることもできるので、ぜひご検討ください。

ワイヤー矯正は金属アレルギーがある場合には不向きでしょうか?

歯科治療に関連する金属アレルギーでは、ニッケル(Ni)やクロム(Cr)といった金属が原因になります。
金属アレルギーがある場合には、ワイヤー矯正ではなくマウスピース矯正をお勧めする場合もありますが、セラミックやチタンによる治療が可能な場合もありますので、カウンセリング時にお伝えください。

奥歯に1本インプラントがあるのですが、矯正治療はできますか?

通常、歯根の周りには歯根膜という組織があります。歯根膜は、骨を作るサイクルに関連するため、歯の移動には重要な役割を果たします。インプラントの場合、この歯根膜がないため、歯の移動ができません。
歯並びのお悩みにもよりますが、部分矯正などの場合には、ワイヤー矯正による治療も可能です。お気軽にご相談ください。

ワイヤー矯正の治療概要

治療方法 ワイヤー矯正
治療説明 歯面に装着したブラケットを通して、ワイヤーの弾性を利用して歯を移動させる矯正治療法です。ほぼ全ての不正咬合に対応できます。
治療費 440,000円〜1,540,000円(税込)
治療の副作用(リスク) ・ブラケットとワイヤーによる口腔粘膜の潰瘍形成
・食事や歯磨きが困難
・破損時の対応が困難
・審美的に目立つことが避けられない
・治療後の後戻りのリスク
適応症例 ・永久歯列の不正咬合
・上顎前突症
・下顎前突症
・叢生
・開咬
・空隙歯列
・過蓋咬合
・交叉咬合
・顎変形症
・唇顎口蓋裂
ダウンタイム なし
不適応の症例 基本的になし

医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。