電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

前歯の部分矯正

部分矯正とは

部分矯正とは

部分矯正とは、歯の一部のみの歯並びを治す矯正治療です。
1本だけ捻転(ねじれ)している歯、歯間離開(すきっ歯)など、気になる部分を、最小限の装置で効率的に移動する仕組みです。治療期間も、一般的な全顎の歯列矯正に比べて短く済ませることができます。

部分矯正はこんな方におすすめ

  • 見た目が気になるところだけをまずは治したい方
  • 短期間で治療を終えたい方
  • 前歯の並びだけが気になる方
  • 歯列矯正の費用を抑えたい方
  • 過去に行った歯列矯正の後戻りを修正したい方

部分矯正のメリット

気になる「部分」を短期間かつ安価な方法で、歯並びを修正することが部分矯正のメリットです。

治療期間が短い

通常、全顎を対象とした歯列矯正では、2~3年程度の治療期間が必要です。
対して、部分矯正では、最短2~3か月、1年以内には治療が完了します。
全顎矯正と比べて、部分矯正では、歯の移動が少ないことも短期間で治療が完了する要因の1つです。

費用負担が少ない

歯列矯正といえば、健康保険が適応されないため、費用負担が高額です。全顎矯正の場合には、高額な場合には100万円前後、一般的には50万円以上であること多いです。
症例によりますが、部分矯正では前歯6本を対象とした場合、約30万円前後で治療を終えることも可能です。

痛みや装置装着の違和感が少ない

部分矯正では、装置を装着する歯が一部分に限定されています。そのため、装置に唇や頬の粘膜、舌が当たって違和感を生じることも少なく済みます。
同様に、歯に係る力も限定的なため、痛みや不快感は、全顎矯正に比べて軽度であるといえます。

装置が目立ちにくい

全顎矯正の場合、歯列全体にワイヤーとブラケット(ボタン状の装置)を装着するため、治療中であることが目立ってしまいます。
部分矯正では、歯間離開が目立つ前歯のみや、1本だけ内側に入り込んで生えている大臼歯(奥歯)の治療など、歯列矯正装置を対象とする歯やその前後の歯に限定して装着します。また装置は、全顎矯正と比べて目立ちません。

部分矯正のデメリット

部分矯正は、 主に「歯の並び」を整えるための治療です。「咬み合わせ」の治療が必要な場合には注意が必要です。

症例が限定的

部分矯正は対応できる症例が限られています。
一部分の歯の並びを整えることはできますが、咬合(咬み合わせ)の改善には不向きです。
上下顎の骨格的な大きさや、位置関係に問題がある不正咬合には不向きな治療方法です。無理に部分矯正で対応すると、うまく噛めない、顎関節が痛いといった不具合を生じます。

咬合

部分矯正は、歯並びを整える治療であるため、咬合を改善することには不向きです。歯には、表情の一部という見た目の他に、咬む、話す、食いしばるといった様々な機能があります。
見た目のみを改善することで、咬む機能に悪影響が起こり、食事に時間がかかる、頬を咬みやすくなるなどの弊害が起こることがあります。

スペースの確保

全顎の歯列矯正では、顎の大きさに対して、すべての歯が並びきらない時には、抜歯や臼歯の遠心移動(後方への移動)が行われ、歯を並ぶスペースを確保できます。
部分矯正では、短期間に部分的な歯列を修正するため、スペースがない場合には、ディスキングといって歯と歯の隣接面をエナメル質の範囲内で切削します。

う蝕・知覚過敏

歯を並べるスペースが不足する場合には、ディスキングを行い、歯を薄く切削します。その場合、エナメル質が薄くなることで、う蝕(虫歯)になった場合、エナメル質直下の象牙質までう蝕が波及しやすく、疼痛など不快症状が起こりやすくなります。同様に、知覚過敏のリスクも高くなります。

部分矯正の適応

叢生(八重歯・乱杭歯)

叢生(八重歯・乱杭歯)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ) ※軽症

反対咬合 / 下顎前突(受け口)

反対咬合 / 下顎前突(受け口) ※軽症

上下顎前突

上下顎前突 ※軽症

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト) ※軽症

交叉咬合

交叉咬合 ※軽症

過蓋咬合(深い噛み合わせ)

過蓋咬合(深い噛み合わせ) ※軽症

切端咬合

切端咬合 ※軽症

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

正中の不一致

正中の不一致 ※軽症

顎偏位

顎偏位 ※軽症

捻転歯

捻転歯

転位歯

転位歯

前歯の部分矯正の種類

前歯を部分矯正で治療する際は、歯並びや、治療期間、費用面から適した治療方法を選択することが大切です。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正 部分矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯面にブラケット装置と呼ばれるボタン状の装置を接着し、ワイヤーで結紮することで、歯を移動する方法です。歯列矯正において、古くから行われてきた実績のある治療方法で、幅広い症例に対応できます。
金属アレルギーがある場合や、装置の見た目が気になる場合には適していません。

ワイヤー矯正の詳細はこちら

MTM矯正

MTM矯正 部分矯正

MTM矯正

MTM とは、Minor Tooth Movementの略です。歯列矯正の対象を1本から数本に限定して歯を移動する方法です。
2~3年の治療期間が必要な全顎矯正に比べると、約半年で効果が期待できます。特に、歯の位置の不良や、歯の傾きを修正し、補綴治療(被せ物)と併用することで、短期間に見た目と咬合を回復できる治療方法の1つです。

MTM矯正の詳細はこちら

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
表側部分矯正 上下顎 前歯6本 メタルブラケット 660,000円
リンガル(裏側)部分矯正 片顎 前歯6本 660,000円
ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 1,100,000円
MTM矯正 隙間一か所のみ 165,000円

部分矯正でも保定は必要ですか?

たとえ、前歯部に限った部分矯正であっても、歯を動かして歯並びを整えた場合は、後戻りの可能性があります。したがって、前歯部の部分矯正を受けた場合でも、歯並びが整った後は保定が欠かせません。

部分矯正の治療概要

治療方法 部分矯正
治療説明 部分矯正とは、短期間に歯列を部分的に矯正する治療です。
治療費 165,000〜440,000円(税込)
治療の副作用(リスク) ・ブラケットとワイヤーによる口腔粘膜の潰瘍形成
・食事や歯磨きが困難
・破損時の対応が困難
・審美的に目立つことが避けられない
・別の場所に空隙が発生することがある。
・ゴムや歯につける装置が脱離することがある。
・治療後の後戻りのリスク
適応症例 ・上顎前突症
・下顎前突症
・叢生
・空隙歯列
ダウンタイム なし
不適応の症例 ・歯の形態異常や埋伏歯による空隙
・過蓋咬合
・上唇小帯が歯間まで伸びているケース
・埋伏歯が原因のすきっ歯
・極度のすきっ歯
・近心隅角が丸すぎて閉じないケース
・人工物が入っている歯
・歯周病が進んでいる場合

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。