電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

インビザライン・ファーストのコンプライアンス・インジケータとは?10代のマウスピース矯正におけるアライナー装着の管理法

インビザライン・ファーストのコンプライアンス・インジケータとは?10代のマウスピース矯正におけるアライナー装着の管理法

インビザラインは、マウスピースを装着するだけで歯が動くという画期的な矯正システムで、現在では小児の混合歯列期から適応することが可能です。
小児期のインビザライン矯正は、インビザライン・ファーストと呼ばれます。
従来のワイヤー矯正と比べて、透明なマウスピースを使用するため、治療中の審美的な問題が解消されます。その反面、マウスピースは可綴式(ご自身で取り外し可能)のため、しっかりと自分の意思で装着しなければ治療の成功には結びつきません。

インビザライン・ファーストとは?

インビザライン・ファーストは、一言で言えば子供用のマウスピース矯正システムです。
従来のマウスピース矯正は、乳歯が残存している歯列には適用する事ができませんでした。乳歯が残存している歯列には他の矯正装置を使用することしかできなかったのです。
しかし、インビザライン・ファーストの登場で、永久歯と乳歯が混在している混合歯列期からマウスピース矯正が適用になりました。混合歯列期からマウスピース矯正が適用になることで、歯牙の移動や傾斜だけでなく、歯列弓の拡大や顎間ゴムの併用も可能となります。
インビザライン・ファーストの登場で、小児矯正も新たなステージに入ったと言っても過言ではないでしょう。

インビザライン・ファースト治療中の注意事項

インビザライン・ファーストを適用する際の注意点としては、使用するマウスピースが取り外し可能な点にあります。
取り外しが可能のため、破損や紛失をしやすく、日常的な装置の管理が必要になります。
また、マウスピースを装着する時間が大切で、1日20時間以上は必要です。20時間以下であると、計画通りに歯が動かない可能性があります。
アタッチメント(歯の表面に付与されるマウスピースを維持するためのプラスチックの突起)がしっかりと付いていて、取れていないか確認することも大切です。アタッチメントが脱離している際は、マウスピースがしっかりと装着されていたとしても歯が動かない可能性があるため、すぐにかかりつけの歯科医院で診てもらうことが必要です。

10代でインビザライン矯正はしっかり装着できる?

管理が必要なインビザライン・ファーストにおいて、10代あるいは10歳に満たないお子さんが、1人で管理できる可能性は極めて低いと考えます。必ず親御さんの管理が必要になるでしょう。
マウスピースを口の中に装着する装着方法や外す時の方法も決まっており、その通りに行わないとマウスピースの破損やアタッチメンントの脱離につながります。食事の際はマウスピースを外し、無くさないように管理することも必要です。
特にマウスピースの装着時間を守ることが、インビザライン・ファーストでの矯正治療を成功させる大きな要素です。そんな時に役に立つのがコンプライアンス・インジケータです。

コンプライアンス・インジケータとは?

コンプライアンス・インジケータは、インビザラインに使用するマウスピースの臼歯部分に付与されている青色の出っ張りです。
この出っ張り自体に、歯並びを整える機能はありません。青色の部分は食用の色素でできており、口腔内の唾液と反応してだんだんと薄くなってきます。しっかり装着できているか否かは、このコンプライアンス・インジケータの色の薄くなり具合でわかります。薄くなり具合を記録するよう指示する歯科医院もあります。
コンプライアンス・インジケータを付与するか否かは、インビザラインの治療計画を立案する際に決定することができるため、希望する場合や希望しない場合は、事前に担当医に伝えることをお勧めします。
たとえ付与されたとしても、ほとんど異物感を感じるものではないので、若年者を対象としたインビザライン・ファーストでは、付与することが望ましいです。通常であれば、付与することによる追加の料金もかかりません。

それでもマウスピースをしっかり装着できない場合は?

コンプライアンス・インジケータをマウスピースに付与して管理したとしても、患者さんによってはしっかりと装着することができず、歯が予定通りに動かない事態になることがあります。
そうした場合は、インビザライン・ファーストを始めとする取り外し可能なマウスピース矯正は諦め、固定式の矯正装置であるワイヤー矯正への変更をお勧めします。
いずれにしろ、インビザライン矯正を始める前に治療を始める本人と親御さんとで、協力を入念に確認する必要があるでしょう。

【まとめ】インビザライン・ファーストのコンプライアンス・インジケータとは?10代のマウスピース矯正におけるアライナー装着の管理法

インビザラインは装着時間が1日20時間以上と決まっており、20時間以下だと歯がうまく動かないことがあります。特にインビザライン・ファーストの場合は子供自身の矯正治療に対する理解が大切になってきます。
しっかり装着できているか否かを判断できる、コンプライアンス・インジケータを使用して、管理していくことが大切です。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。