電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

歯列がクロスする交叉咬合(クロスバイト)とは?その原因・症状・矯正治療

歯列がクロスする交叉咬合(クロスバイト)とは?その原因・症状・矯正治療

歯列がクロスする交叉咬合(クロスバイト)とは?その原因・症状・矯正治療

パッと見た印象では、歯並びに問題がないように思えても、実は一部分の咬み合わせが上下逆になっていることがあります。これは、交叉咬合(クロスバイト)と呼ばれる咬合です。
臼歯などの審美性に影響のないエリアであっても、咬合力の負担や、咀嚼効率といった点から、問題があることがあります。
今回は、交叉咬合の原因・症状・治療方法についてご紹介します。

交叉咬合(クロスバイト)とは

噛み合わせた際に、上顎の歯が下顎の歯の一部に覆いかぶさり、重なった状態を“被蓋(ひがい)”と言います。
正常な被蓋では、上顎が下顎の歯の上から2~3㎜程度覆いかぶさり、上顎の歯列の中に、下顎の歯列が取り囲まれるように咬むことが理想的です。
一方、交叉咬合(クロスバイト)の場合には、一部の歯列において下顎の歯が上顎の外側から咬合する、正常な被蓋と逆になっています。

交叉咬合の原因とは

交叉咬合は、遺伝などの内因的な要因の他、頬杖や咬み癖など外因的な要因にも影響されます。単一の要因の他、いくつかの要因が重なり合って起こる場合があります。

遺伝

直系の家族に交叉咬合がある場合には、遺伝により交叉咬合になることがあります。それは、歯の大きさや顎の大きさが遺伝に少なからず影響されるため、歯列にも表れるためです。

習癖

頬杖の習癖は注意が必要です。 頬杖をつくことで歯列の水平方向から力が加わるため、上顎の歯が内側に傾き交叉咬合になることがあります。その他にも、咬み癖や就寝時の向き、楽器演奏などの影響を受けることがあります。

顎のズレ

特に成長過程において、上下の顎の骨の位置関係や大きさのバランスが崩れてしまうと、歯列を補正することで咬合力を補おうとすることがあります。
また、顎関節症などにより口の開閉に非対称がある場合にも、咬合力の負担において左右非対称が生じ、歯列が交叉咬合となることがあります。

補綴物による咬合の設計不良

補綴物(詰め物や被せ物、入れ歯)の設計は、見た目の回復以外に、咬合を理想的な状態で維持するために行われます。しかし、不適切な設計により理想的な咬合状態が崩れてしまい、交叉咬合になることがあります。

交叉咬合の症状とは

交叉咬合は臼歯部の場合には、歯列の不正が目立ちません。そのため、治療しなくてもよいのでは?とも思われがちです。しかし、審美的な問題の他に、身体への負担があるため、治療を行うことをおすすめします。

顎成長の阻害

成長途中における交叉咬合は、下の歯が上の歯の移動範囲を制限するため顎の発達を阻害することがあります。上顎が劣成長となり、側貌が理想的なラインに比べて、凹になることがあります。

顔面の非対称

左右の一部分に交叉咬合がある場合、咬合力の負担や咀嚼の習慣にアンバランスが起こりやすくなります。結果として、お顔の表情筋に影響が起こり、顔貌が左右非対称になります。

咀嚼障害

交叉咬合がある部分では、食べ物の裁断やすり潰す動きが難しくなり、日常的に左右一方に咬み癖がつきやすくなります。

食塊の流動の不良

交叉咬合の方は、お食事中に無意識のうちに、舌を使って頬と歯列の間をなぞることがあります。これは通常、上の歯列に囲まれる下の歯列が一部外側に並んでいることで、頬と歯列の間に食塊が溜まりやすく、嚥下までの動きがスムーズにできないためです。

発音障害

発音の明瞭さは、慣れによって改善されるため交叉咬合による目立つ発音への影響はないかもしれません。しかし、交叉咬合により歯の傾斜や位置関係が不良の場合には発音に影響が出る可能性は否定できません。

顎関節症

咬合力が左右非対称になることが考えられるため、顎関節の一方が過剰負担となります。結果として、顎関節の疼痛や、お口の開閉時に雑音の発生などが起こることがあります。

肩こりや頭痛

咬合力が左右非対称に負担されることにより、筋肉が左右非対称に発達し機能することがあります。筋肉運動のアンバランスが姿勢にも影響し、肩こりや片頭痛を引き起こします。

交叉咬合の治療方法とは

交叉咬合は、歯列矯正治療によって改善することが可能です。
様々な症例に対応可能なワイヤー矯正はもちろんのこと、交叉咬合が限定的であり、軽度の場合にはマウスピース矯正を選択することも可能です。

ワイヤー矯正

歯列に接着するブラケットとワイヤーの他に、以下の装置を採用することが多いです。
拡大の速さは下記の順になります。

  1. 急速拡大
  2. クワドへリックス
  3. 拡大床

急速拡大装置

装置の中央に拡大ネジがあり、上顎の正中口蓋縫合という接合部を左右に拡げることで、歯列の幅を拡大する装置です。

クワッドヘリックス

歯の裏側に、ループ状に作ったワイヤーを接触し歯列をゆっくりと側方に拡大します。

拡大床

取り外し可能な装置で、歯列弓の幅を広げることや、歯の移動、歯の傾斜の改善に使用します。

マウスピース矯正(軽度な場合)

取り外し可能なマウスピースを一定時間装着し、マウスピースを段階的に取り換えていく治療方法です。
すべての交叉咬合がマウスピース矯正の対象ではなく、対象となる歯数や歯の傾きによって、マウスピース矯正では対応ができないことがあります。

【まとめ】歯列がクロスする交叉咬合(クロスバイト)とは?その原因・症状・矯正治療

今回は、咬み合わせが上下逆の被蓋になる“交叉咬合(クロスバイト)”についてご説明いたしました。
交叉咬合は、遺伝の他、習癖も原因となります。日常生活の中で、悪影響を及ぼす習癖の除去に取り組みましょう。
臼歯部の場合、審美的には目立ちませんが、咬み合わせが不良であることから顎関節症や肩こり、顔の歪みなどの原因になります。
左右バランスよく機能的な咬合を維持するために、歯列矯正治療を行うことがお勧めです。ワイヤー矯正やマウスピース矯正が適応可能なため、交叉咬合治療を得意とする歯科医師に相談してみましょう。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。