電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

マウスピース矯正(インビザライン)で出っ歯(口ゴボ)を治して理想の横顔になれるの?

マウスピース矯正(インビザライン)で出っ歯(口ゴボ)を治して理想の横顔になれるの?

インビザラインでは専用のマウスピースを何枚も使用することで、少しずつ理想の歯列に歯を動かしていきます。
その特徴は従来のワイヤー矯正と異なり、透明なマウスピースを使用するため、治療中の審美的な問題がないことと、取り外し可能な装置のため、日々の清掃性の向上が挙げられます。
またインビザラインでは他のマウスピース矯正と異なり、抜歯矯正や顎間ゴムも適応になります。それによって、いわゆる出っ歯(口ゴボ)の矯正治療もインビザラインの適応になるケースが多くなってきました。
このコラムでは、インビザライン矯正で前歯の出っ歯(口ゴボ)を改善できるのかについて、詳しくみていきます。

出っ歯(口ゴボ)の症状と原因

出っ歯とは、上顎の前歯が出っ張っている上顎前突と呼ばれる状態です。
前歯が出っ張っていると上唇も連動して前方に出るため、いわゆるE-line(エステティックライン:鼻の先端とオトガイを結んだ直線)上よりも前方に上唇が存在する状態になります。これにより、審美的な障害を感じる人が多いです。
また、出っ歯になると唇がしっかりと閉じることが難しくなり(口唇閉鎖不全)、口呼吸の原因になるなどの機能的な障害が出ることもあります。
出っ歯には、主に3つ原因があります。
1つ目は上顎の骨が前方に出ているもの、2つ目は下顎が後ろに後退して相対的に上顎の前歯が前方に出ているように見えるもの、3つ目は上顎の前歯自体が傾斜しているだけのものです。

インビザラインで治療可能な出っ歯

上顎の骨が前方に出ているものや、下顎の骨が後ろに後退しているために相対的に前歯が前方に出ているように見えるものは、いわゆる顎の骨に骨格的な問題があることが多いです。
従来のマウスピース矯正では、この骨格的な問題がある歯列矯正の場合は治療不可能なことが多かったですが、インビザラインでは抜歯矯正や顎間ゴムとの併用が可能です。よって軽度のものであれば対応可能です。
詳細は、セファロX線写真やCBCT(コンビームCT)を含む矯正診断によって判定されます。
さらにインビザライン・ファーストでは、プレジョン・ウィングという補助装置を治療に使用するマウスピースに付与することによって、下顎の成長不足による後退を前方に誘導する治療が可能です。
骨格的に問題がなく、単純に上顎の前歯が傾斜して前方に出ている場合は、ほとんどの症例でインビザライン治療が可能です。

インビザラインで治療不可能な出っ歯

骨格的に重度の問題がある出っ歯に対しては、インビザラインで治療が不可能だと言えます。
具体的には、矯正診断の結果、外科矯正(上顎の骨や下顎の骨を手術で切断し、骨格的な位置を根本的に治療すること)が必要な場合、重度の叢生やその他の不正咬合を併発している場合などが挙げられます。
また、出っ歯の場合は顎関節症を併発していることがあります。この場合、顎関節症の症状や治療法を加味した治療計画を立てる必要があるため、インビザライン治療以外の矯正方法で治療した方が良いと診断される場合があります。
インビザライン治療は、可綴式(取り外し可能)のマウスピースを使用して治療をします。そもそも患者さんの治療への協力が得られない場合も、治療が難しい可能性が高いです。

インビザラインで出っ歯を治療できる仕組み

実際に出っ歯をインビザラインで治療するためには、前方に出ている歯を後ろに下げなければなりません。そして、歯を後ろに下げるためにはスペースが必要になります。
インビザラインでスペースを作るには、主に3つ方法があります。
1つは臼歯を後方に移動することです。
インビザラインではマウスピースが全ての歯を覆うため、全ての歯を固定源として利用できます。よって臼歯の後方移動が比較的簡単にできます。ただし、最後方臼歯の後方に移動できるスペースや骨が存在しないと、後方移動はできません。事前の診査で確認が必要となります。
2つ目は便宜抜歯です。
歯を便宜的に抜歯することによってスペースを作ります。ただし、便宜抜歯を行うと矯正後の歯列弓が小さくなるため、舌が後方へ移動します。これによって気道が狭くなり、鼻への空気の通りが悪くなります。いびきの原因や口呼吸だけでなく、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあります。

3つ目はディスキング(IPRとも言われる)という方法です。
ディスキングは歯の両端を少し削り、スペースを作ることです。歯の表層のエナメル質に限局して削るため、削った後も見た目の変化やしみる症状などは、ほとんど起きません。仮にディスキングを全ての歯に施した場合、およそ歯1本分のスペースを作ることができます。ただし、歯を削ることに抵抗がある場合は、この方法は適応外となります。

【まとめ】マウスピース矯正(インビザライン)で出っ歯(口ゴボ)を治して理想の横顔になれるの?

インビザラインにおける出っ歯の治療は、すべてのケースで適応となるわけではありません。
しかし、インビザラインでの矯正治療は、抜歯矯正、ディスキング、臼歯の後方移動等の武器があるため、比較的多くの出っ歯のケースに対応します。
自分の出っ歯がインビザラインの適応か否かは、一度歯科医師に相談してみることをお勧めします。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。