電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

歯列矯正で抜歯が必要となるケースは?

歯列矯正で抜歯が必要となるケースは?

歯列矯正では、歯を理想的な咬合状態に排列することが困難と予測される場合に、便宜抜歯を行うことがあります。
歯列矯正は、歯の排列状態をきれいにすることが目的なのに、抜歯すると聞くと不安に思いませんか?
人類の下顎骨は縮小傾向にあるため、歯を排列することが困難となり、歯列矯正では便宜抜歯が選ばれることが多くなっています。
この記事では、歯列矯正を成功させるための便宜抜歯について解説します。
この記事を読むことで、歯列矯正における便宜抜歯が理解でき、下記のような疑問や悩みが解決されます。

こんな疑問を解決!

  • 歯列矯正でなぜ抜歯をするのか?
  • 歯列矯正で抜歯をしなければならないのはどんな時?
  • 便宜抜歯ではどこの歯を抜くの?
  • 便宜抜歯にはどのようなメリットとデメリットあるの?

歯列矯正での便宜抜歯の目的

歯列矯正で便宜抜歯を行う目的は、次のとおりです。

歯の排列スペースの確保

便宜抜歯を行うと、抜歯した歯の占有していたスペースが不要となります。
このスペースを利用することで、歯槽上に歯を排列する余地が生まれます。

下顔面の突出感の解消

大臼歯は移動させることも困難ですし、後方に移動させようとしても下顎枝がすぐに立ち上がっているので、遠心移動ができる余地もほとんどありません。多くの場合大臼歯の遠心への移動は2〜3㎜が限界です。
このため、便宜抜歯を行わずに歯列を整えようとすれば、前歯部を前方に移動させなければならなくなり、下顔面部が突出する原因となります。
便宜抜歯をして歯列矯正すると、そのようなことが起こらないため、下顔面部の顔貌も違和感なく整えられます。

便宜抜歯の適否の診断方法

便宜抜歯の適応の有無を診断するのに用いられるのが、アーチレングスディスクレパンシー(arch length discrepancy)です。

アーチレングスディスクレパンシーとは

アーチレングスディスクレパンシーは、歯が排列される歯槽部の長さである歯槽基底周長と、歯の近遠心の幅径の総和の差です。
なお、近遠心の幅径を測る範囲は、下顎の第二小臼歯から反対側の第二小臼歯までです。
歯列模型を用いて歯の近遠心幅径の総和を算出しますが、未萌出歯や埋伏歯がある場合は、レントゲン写真上で測定して加算します。
アーチレングスディスクレパンシーがマイナスになれば、歯を排列するスペースが不足することを意味します。反対にアーチレングスディスクレパンシーがプラスになると、空隙歯列となります。

アーチレングスディスクレパンシーの評価

一般的にアーチレングスディスクレパンシーがマイナス10㎜以上であれば、便宜抜歯の適応ありと診断されます。ただし、アーチレングスディスクレパンシーが問題ない場合であっても、症状によっては便宜抜歯の適応となるケースもあります。
アーチレングスディスクレパンシーは、あくまでも便宜抜歯の適否の診断基準のひとつに過ぎないということです。

便宜抜歯の対象歯

便宜抜歯の対象となる歯は、咬合や審美性に関係性の低い歯から選ばれます。

小臼歯

小臼歯は、正中から数えて4番目の第一小臼歯と5番目の第二小臼歯があります。
小臼歯は、前歯ではないので審美性を低下させる歯でありません。そして、大臼歯のように強い咬合力を発揮する歯でもないので、便宜抜歯の対象に選ばれています。
2本とも抜歯するわけではなく、一般的に多く選ばれるのは第一小臼歯ですが、齲蝕や齲蝕治療歴、歯の排列状態などから第二小臼歯が選ばれることもあります。

第三大臼歯

第三大臼歯は、いわゆる親知らずです。
第三大臼歯は、退化傾向にあり、大きさは不揃いな上、萌出状態も異常を示すことが多いことから抜歯の対象となります。

便宜抜歯のメリット

便宜抜歯には、さまざまなメリットがあります。

歯列矯正の効率化

便宜抜歯により排列スペースに余裕が生まれることで、柔軟な歯列矯正が可能になります。排列スペースが不足した状態と比べ、歯列矯正の効率が上がります。

アーチレングスディスクレパンシーの解消

便宜抜歯を行うと、歯の近遠心の幅径の総和が小さくなります。
歯槽基底周長は変わりませんが、幅径の総和が小さくなることで、アーチレングスディスクレパンシーが解消され、不正状態にあった歯列を理想的な状態に整えられます。

咬合関係の改善

アーチレングスディスクレパンシーがマイナスになっている歯列は、叢生いわゆる乱杭歯になります。
叢生の歯列では、上顎と下顎の歯の咬合面が適切に接触しないため、本来の咬合力を発揮することができません。便宜抜歯を行い、歯列全体を理想的な状態に整えると、歯が本来の咬合関係に戻りますので、全体的な咬合力が高まります。

下顔面部の突出感の解消

大臼歯の延伸移動が難しい場合でも、前歯を近心移動させることなく歯列を整えられますので、顔貌を正面から見た場合の下顔面部の突出感が生まれません。

側貌も整えられる

下顔面部の突出感は、側貌にも影響を与えます。
側貌の評価法のひとつにE-line(イーライン)があります。E-lineは、鼻尖とオトガイを結ぶラインと口唇の位置関係を測定する評価法があります。
便宜抜歯を行うと、理想的なE-lineと口唇の位置関係が得られるようになり、側貌も整えられます。

便宜抜歯のデメリット

メリットの多い便宜抜歯ですが、デメリットがないわけではありません。

歯数の減少

便宜抜歯を行うと、当然ですが歯数が減少します。
審美性や咬合力にあまり影響しない歯とはいえ、健康な歯を抜歯しなければならないのは便宜抜歯の最大のデメリットです。

治療中の空隙

便宜抜歯後の空隙は、隣在歯が移動して空隙を埋めますが、歯が移動を終えるまでの間、歯列上に空隙が生じたままになります。
隣在歯の移動にしたがい徐々に狭まってきますが、その間、食渣が入り込みやすくなり齲蝕や歯周病のリスクが高まります。

治療期間の延長

便宜抜歯後の空隙を埋めるように歯を移動させますが、抜歯後のスペースは広いので、歯の移動距離も長くなります。
歯の移動距離が長くなっても、移動速度を高めることはできず、効率よく動いても1か月あたり1㎜です。したがって、歯の移動距離の延伸により、歯列矯正にかかる期間が延長する可能性があります。

【まとめ】歯列矯正で抜歯が必要となるケースは?

歯列矯正では、歯の幅径の総和に対し、歯槽部の長さが不足する場合に便宜抜歯が行われます。
歯数の減少など、便宜抜歯にデメリットがないわけではありませんが、便宜抜歯を受けた上での歯列矯正にはデメリットを上回るメリットがあります。
この記事では、下記のようなことがご理解いただけたのではないでしょうか。

ここがポイント!

  • 便宜抜歯は歯の排列スペースを確保するために行われる
  • アーチレングスディスクレパンシーが10㎜以上マイナスの場合に便宜抜歯の適応があり
  • 便宜抜歯の対象は、主に第一小臼歯である
  • 便宜抜歯を受けると歯列矯正が効率的になり、下顔面部の顔貌も良くなる

便宜抜歯を受けずに歯列矯正を受けた場合、歯の排列に無理が生じ、多くの場合で下顔面部の顔貌に突出感が生じます。
便宜抜歯の適応の診断には、専門的な知識が必要です。
叢生などの歯列不正を認める方で歯列矯正をご検討の方は、まずは当院の女性歯科医師によるカウンセリングにお越しください。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険適用外の自由診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。