電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

八重歯のインビザライン矯正のポイントと注意点

八重歯のインビザライン矯正のポイントと注意点

八重歯のインビザライン矯正のポイントと注意点

八重歯は見た目の問題だけでなく、機能や清掃性にも問題を起こします。
八重歯を矯正治療で治療しようとした時に、インビザライン矯正は選択肢の一つとなります。全ての八重歯の症例がインビザライン矯正の対象となるわけではありませんが、対象範囲は以前より広がっています。
このコラムでは、インビザラインによる八重歯の矯正について、そのポイントと注意点をご紹介いたします。

八重歯とは

八重歯とは、糸切り歯(犬歯)が歯列弓の中に入るスペースが足りないために、歯列の外側に転移した状態のことです。
日本人の中には、見た目が可愛いとの理由で八重歯を肯定する意見も存在しますが、八重歯は見た目だけでなく、他の問題も引き起こします。

八重歯になるとどうなるか

八重歯になると歯並びが悪くなるため、咬合に影響が出ます。特に犬歯は顎の側方運動に強く関与するため、犬歯が外側に転移した状態になると他の歯に側方圧がかかり、咬合性外傷(歯に余計な力がかかり、歯が打撲状態になること)を引き起こす可能性があります。
また、転移によって歯が重なり合うため、他の歯よりもプラークが溜まりやすく、虫歯や歯周病に罹患しやすいです。自分で清掃することも困難になります。

インビザライン矯正で八重歯が治療可能か?

八重歯を矯正治療で治療するためには、八重歯を元の歯列に組み込むためのスペースが必要になります。
インビザライン矯正では、従来のワイヤー矯正で行うような抜歯矯正にも対応しているため、多くの八重歯の症例に対して有効です。しかし、八重歯の症例の中でも骨格性に問題がある場合、他の不正咬合も併発している場合、患者の協力が得られない場合(インビザライン矯正は取り外し可能な装置を使用するため)などには適応が難しいです。

インビザライン矯正で八重歯を実際に治療する

インビザライン矯正で八重歯を歯列に組み込むためのスペースを作るために、以下の方法をとります。

抜歯

抜歯することによってスペースを作ります。
他の多くのマウスピース矯正では抜歯矯正は適応外でしたが、インビザライン矯正では抜歯矯正も適応になります。
ちなみに抜歯によって強制的にスペースを作ることができますが、抜歯をして矯正治療を行うと歯列弓の大きさが小さくなり、舌根が後ろに下がります。これにより将来的にいびきをかきやすく、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすリスクがあります。
抜歯は第1小臼歯、及び第2小臼歯が選択される場合が多いです。この2つの歯は形が似ているので、抜歯したとしても、見た目の問題がそれほど出ません。

ディスキング(IPR)

歯の表層を少し切削して、スペースを作ることをディスキングと言います。
歯の表層はエナメル質で出来ているので、コンマ数㎜切削してもほとんど問題はありません。仮に全ての歯をディスキングすると、おおよそ歯1本分のスペースを作ることができます。
しかし、歯を切削することに抵抗がある方はこの方法を選択することが難しくなります。

臼歯の後方移動

臼歯部を後方に移動することによって、スペースを作ります。しかし、最後方臼歯の後ろに歯を動かせるだけのスペースや骨が存在しなければ、後方移動は難しくなります。
日本人の場合、顎が小さいため第3大臼歯(親知らず)が横に生えている場合も多いです。インビザライン矯正によって臼歯の後方移動を予定している場合は、事前に横向きに生えている親知らずを基本的に抜歯することになります。

歯列の側方拡大

歯列弓を側方に拡大することによって、スペースを作ることができます。
成長期の子供であれば側方に拡大することはそれほど難しくありませんが、大人の場合は側方拡大する量に限界はあります。よって多くスペースを作らなければならない場合は、適応外となることもあります。
また対合歯との咬合関係も考慮して側方拡大しなければならないため、側方拡大したことによって咬合関係が崩れる場合は適応外となります。

インビザライン矯正で八重歯を治療する際の注意点

インビザライン矯正で全ての八重歯が矯正できるわけではありません。
最初からインザライン矯正での治療が難しいと診断された場合は問題ありませんが、インビザライン矯正で治療を開始した後、歯の動きが悪い等の理由でインビザライン矯正だけではこれ以上歯を動かすのが難しい場合があります。この場合は従来のワイヤー矯正を併用することがあります。
特に八重歯を治療する際は歯を動かす量が多くなることが多いので、通常の不正咬合をインビザライン矯正で治療するよりも、ワイヤー矯正を併用する可能性が少し高くなります。

【まとめ】八重歯のインビザライン矯正のポイントと注意点

インビザライン矯正は、治療に見た目が透明なマウスピースを使用するため、従来のワイヤー矯正と比べて治療中の審美的な問題が少ないです。そのためインビザライン矯正で八重歯が治療可能であれば、ワイヤー矯正よりもインビザライン矯正を選択する人が増えています。
しかし、八重歯をインビザライン矯正で治療することは可能ですが、対象外の症例もあります。またはワイヤー矯正との併用を検討する必要もあります。
ご自身の八重歯の矯正治療がインビザライン矯正の対象か否かは、インビザライン矯正を取り扱っている当院へご相談ください。

運営医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。