電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

インビザラインで歯が痛い原因と対処法

インビザラインで歯が痛い原因と対処法

インビザラインで歯が痛い原因と対処法

インビザラインを使用した矯正治療は一般的なワイヤー矯正などと比べて、治療中の痛みが出にくいとされています。しかし、歯に力を加えるという点においては変わりなく、痛みが出てしまうことがあります。

インビザラインで歯が痛い原因

マウスピースが破損している時

インビザラインで使用するマウスピースが破損していると、破損した断面などが歯肉や粘膜に当たり、痛いことがあります。

マウスピースがしっかりと装着されていない時

マウスピースがしっかり装着されていないと、マウスピースが浮いた状態になってしまいます。そうなると歯に適切な矯正力がかかることなく、本来必要でないところに矯正力がかかることもあるため、痛みが生じることがあります。

最初のマウスピース装着時

初めてマウスピースを装着すると、矯正力が歯にかかります。歯がすごく締め付けられるような感じも出ますが、時に痛みとして感じる人もいます。

マウスピースを久しぶりに装着した時

マウスピースを久しぶりに装着すると、マウスピースをつけていない間に歯が少し動いてしまい、適合がきつくなり痛みを生じることがあります。

矯正用のアンカースクリューを付与した時

短い期間で歯を動かすために、矯正用のアンカースクリューを固定源として利用するために臼歯部の歯肉に埋入します。インビザライン治療でもマウスピースと並行して行われることがあります。埋入直後は痛みを感じることがあります。

アタッチメントを付与した時

インビザライン治療において、適切な矯正力をかけるため、または補助するためにアタッチメントというコンボジットレジンで築造された突起を歯面に付与することがあります。これにより、口唇や頬粘膜が擦れて痛みが出ることがあります。
また、アタッチメントの付与により矯正力が増し、歯にも負担がかかるため、歯が疼痛を覚える人もいます。

IPR(interproximal reduction)をした時

IPRとは別名、隣接面接合とも言われます。
歯牙を並べるためのスペースを確保するため、歯の大きさを整えるため、隣接面のエナメル質を0.2㎜から0.5㎜削ります。通常エナメル質に限局して削るので、疼痛が出ることはありませんが、中には知覚過敏様の症状が出てしまう人がいます。

インビザラインで歯が痛くなる仕組み

粘膜や歯肉にマウスピースが当たって痛い場合は、物理的な刺激によって傷ができることによる痛みですが、インビザライン治療での痛みの多くが歯に矯正力がかかることによって生じる痛みです。
ある大きさ以上の矯正力を歯に作用させると、歯の周囲に存在する歯槽骨に骨改造が生じて、歯は力の作用方向へ移動します。力の作用方向に対応する歯根膜は圧迫され、歯槽骨は吸収されます。
一方で、力の作用方向と反対の歯根膜は牽引され、歯槽骨の骨形成を生じます。圧迫された側では血流障害や充血帯ができ、炎症も起きます。この結果、圧迫側では炎症性のサイトカイン(細胞間の情報伝達に関与するタンパク質)等の発痛物質が集まり、疼痛が引き起こされます。

インビザラインで歯が痛い時の対処法

まずは鎮痛剤の服用や、硬いものを摂取しないようにすることが大切です。歯を動かす力がかかると、歯根膜に負担がかかるため、そこに硬いものの刺激が加わると痛む場合があるからです。
様子を見て、それでも良くならない場合や、痛みが強い場合は、インビザライン治療が原因の痛みではなく、一般的な歯科疾患による痛みの可能性もあるので、すぐにかかりつけの歯科医院を受診しましょう。
症例別の対処法は以下の通りです。

マウスピースが破損しているため痛みを感じる時

マウスピースが破損している場合は、速やかにかかりつけの歯科医院を受診してください。場合によってはマウスピースの再作製となり、費用が発生する可能性があります。

マウスピースがしっかりと装着されておらず、痛みを感じる時

基本的にはチューイーというマウスピースをしっかり装着させるための材料を咬むと適切に装着されます。およそ5分間くらい咬むことが目安です。 チューイーは消耗品のため、へたってきたら交換となります。

最初のマウスピース装着時や久しぶりにマウスピースを装着した時の痛み

通常は一週間ほどで締め付け感や痛みは消失しますが、中には症状が長引き、鎮痛剤を服用しないと耐えられない場合もあります。
我慢できない場合は、すぐにかかりつけの歯科医院を受診しましょう。

矯正用のアンカースクリューを付与した後の痛み

数日は鎮痛剤を服用して様子を見てもらいますが、スクリュー周囲に炎症が起きている場合は抗生物質の服用が必要になる場合もあります。

アタッチメントを付与により擦り傷ができた場合

口唇や頬粘膜に擦り傷ができた場合は、傷口を塗り薬やレーザー等で対応します。

IPRにより歯がしみる場合

知覚過敏用の薬を塗布し、症状の緩和をはかります。また、フッ素塗布で対応する場合もあります。

【まとめ】インビザラインで歯が痛い原因と対処法

インビザラインを使用した矯正治療中に歯の痛みが出た場合は、痛みの原因によって対処法が異なります。
中にはインビザラインが原因ではない痛みの可能性もあるため、不安な場合は歯科医院を受診することをお勧めします。

医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。