電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。

閉じる

歯列矯正すると歯の根が溶ける?歯根吸収のリスク・症状・治療法

歯列矯正すると歯の根が溶ける?歯根吸収のリスク・症状・治療法

歯列矯正すると歯の根が溶ける?歯根吸収のリスク・症状・治療法

歯並びがきれいになり笑顔に自信が持てる、しっかり咬めるようになるなど、メリットの多い歯列矯正治療には、実はリスクがあります。
例えば、歯肉が下がる歯肉退縮や、歯根が短くなる歯根吸収のリスクです。
今回は、そのリスクのひとつ“歯列矯正治療による歯根吸収のリスク”についてご説明いたします。
これから歯列矯正治療をお考えの方は、ぜひご一読ください。

歯根吸収とは

歯は、歯周組織と呼ばれる歯肉や、顎骨に支えられて1本ずつ植立しています。
お口を覗いた時に、見える歯の頭の部分を歯冠、直下にある歯肉に埋まっている部分を歯根と呼びます。この歯根が、何らかの影響により、本来の状態よりも短くなることが“歯根吸収”です。
もちろん歯列矯正治療によって、必ずしも歯根吸収が起こるわけではありません。歯根吸収が起こった場合にも、歯列全体のうちのある一部分の歯に起こる現象です。
具体的には、歯根が複数ある臼歯部よりも、前歯のような単根の場合に起きやすいと言われています。

歯根吸収はなぜリスクなのか?

では、歯根が短くなることは何か問題があるのでしょうか?
歯並びを治すために行った歯列矯正治療なので、もともと歯肉の下にあって見えない歯根は、短くなっても気にならないのでは?と考えるかもしれません。
しかし、歯根が短いということは、歯冠が歯根の比率に対して頭でっかちになることです。治療直後には問題がなくても、将来的に歯周病が進行した場合や、加齢による歯肉退縮が起こった場合には、歯がグラグラして早期に抜けるリスクが高くなります。

歯列矯正治療ではなぜ歯根吸収のリスクがあるのか?

外傷など歯列矯正治療以外にも、歯根吸収を起こす原因はいくつかあります。
しかし、歯列矯正治療による歯根吸収は、外傷のような不慮の事故ではなく、歯列矯正“治療”によって引き起こされるマイナスの側面であることが問題です。
では、歯列矯正治療ではなぜ歯根吸収が起こるのでしょうか。
現在想定されている要因を2つご説明いたします。

ジグリング

ごますり運動とも呼ばれるこの動きは、歯列矯正治療の際に、歯を移動するときに起こります。簡単に説明すると、歯を揺さぶるように力が加わる現象です。
歯列矯正治療では、歯を移動するために歯を傾斜させて、徐々に位置を動かしていくことがあります。
その結果、総合的にみると歯が他方向から揺さぶられるような現象が起きてしまうことがあります。このジグリングによって、歯根の先端がすり減ることで歯根吸収が起こると考えられています。

過剰な負荷

次に考えられる原因として、歯列矯正治療による歯の移動や傾斜の際に付与する力の強さが挙げられます。
ワイヤー矯正の場合も、インビザラインによるマウスピース矯正の場合にも、装置によって、歯列に対し、機械的に力の負荷が継続してかかっていることにより歯が移動するメカニズムです。力を加えることで、顎骨は、骨吸収と骨添加を繰り返しながら歯列が移動しますが、負荷が強すぎると歯根吸収の原因となってしまいます。反対に、力が弱すぎると歯が目的通りに移動できません。
適切な装置や負荷によって、効果的で安全な治療を受けることが大切です。

歯根吸収を起こさないためにはどうしたらよいのか?

現在の歯列矯正治療の技術では、少ない数ではありますが、歯根吸収が起こってしまった患者さんや、今後歯根吸収が起こるリスクがあることは事実です。
ジグリングや過剰な負荷といった治療上の手技によるリスクは、歯科医師側でも減らすために努力することができます。患者さんでは、歯列矯正治療がもたらす歯根吸収のリスクについて、事前に理解しておく必要があります。
多くの歯列矯正治療を提供している歯科医院では、歯列矯正治療を開始するにあたって、まずはカウンセリングから行う歯科医院が多くございます。その際には、歯並びがきれいになるといったメリットの他に、歯根吸収のリスクについて、しっかりと説明する歯科医院を選択することが大前提です。
経験を有する矯正を専門とする歯科医師であれば、根拠に基づいた治療計画のもと、ジグリングによる影響を減らすために最適な技術を提供することが期待できます。
患者さんは、治療のメリットだけでなく、デメリットであるリスクについても関心を持ち、不明点は十分に質問をし、不安を解消してから歯列矯正治療を開始することをお勧めいたします。

【まとめ】歯列矯正すると歯の根が溶ける?歯根吸収のリスク・症状・治療法

歯並びがきれいになる、よく咬めるようになるといったメリットが先行している歯列矯正治療には、“歯根吸収のリスク”があります。
歯根吸収は、ジグリングや過度な負荷によって引き起こされます。
患者様は、歯根吸収のリスクについても十分にご理解いただき、ご納得いただいたうえで、歯列矯正治療を開始することをお勧めいたします。
加えて、歯根吸収のリスクを極力低減するために適した動きや、力の大きさを考慮した治療を提供できる、診断力や技術力を有する歯科医師による治療を受けることが理想的です。

医院情報

写真 写真
医院名 ヴェナーロデンタルクリニック
院長 白石 文
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山2−12−15 南青山2丁目ビル7階
TEL 03-5413-7779
アクセス

・東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口より徒歩2分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩6分

・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩10分

詳しいアクセス方法はこちら

診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 マウスピース矯正セラミック治療ガミースマイル治療ホワイトニングなど
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 不定休
休診日時のご案内はこちら
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

電話でのご予約・ご相談は

03-5413-7779

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00~20:00 - - -
10:00~19:00 - - - - -

お電話が繋がりづらい場合は 各種フォーム をご利用ください。